BANANA FITNESS【ロゴと店名の由来】

横浜反町パーソナルジムBANANA FITNESSの伊藤裕希です。

初めてのブログは、ロゴ&店舗名の由来について書きます。

「ロゴを作ってから店舗名」

という流れからBANANA FITNESSが生まれました。

ギャグみたいなロゴと店名ですが笑、適当に作ったワケではござません。

はっきり言うと、マーケティングを意識して作りました。

ぜひ、下記の目次の流れで読んでください。

  1. 覚えやすいロゴを作りたい!
  2. 人気キャラクターを分析!
  3. バナナは認知度が高い!
  4. ロゴは自分の等身大!
  5. 店舗名が決定!
  6. BANANAの戦略!

1.覚えやすいロゴを作りたい!

店舗を立ち上げにあたり、ロゴを作りたいと考えていました。

ロゴについて個人的に思ったのは、

大手のロゴはともかく、ほとんどのロゴって覚えられない、あるいは忘れてしまいませんか?

パーソナルジムの場合、スタイリッシュを求めて横文字にしているところが多いですね。

正直、店名は覚えられてもインパクトがあるロゴは少ないと思います。

僕は、

「とにかく覚えて貰えるロゴを作りたい!」

という部分を重視して作ることにしました。

そして、イメージキャラクターを作ってロゴにするのは効果的かも!?

という考えに行き着き、キャラロゴを作成することにしました。

2.人気キャラクターを分析!

まずキャラロゴ作成をするにあたり、人気があって認知度が高いキャラクターを分析しました(以下)。

  • ピカチュウ 。
  • ミニオンズ。
  • ドラえもん。
  • クレヨンしんちゃん。
  • アンパンマン

このリストをみて、

丸い・黄色のキャラは、フォルムや色彩心理から多くの人に親しみ・認知されやすい傾向がある

と考察しました。

上記の特徴を踏まえて、

「丸いのは個性的なものを作るのが難しそうだなー。」

「取り敢えずは黄色イメージで作ってみよう!」という感じで進めることに。

3.バナナは認知度が高い!

自分はデザイナーではないし、センスがないことも自覚しているので、まず何かモデルを見つけないと厳しいと思いました。

著作権や肖像権が発生してはダメだし、頭の中のインスピレーションで作るのは至難の技。

まして予算上、無料アプリを使って自作するので使える機能や素材が限られていました。

そこで目をつけたのが果物。

目とか口をつければ何とかキャラクターらしくなるかなと笑

黄色のイメージは固めていたので、パイナップルかバナナで作ってみることにしました。

限られたイラスト素材を使って、色んな組み合わせを試して、描いたり消したりを繰り返す。

パイナップルは何かイマイチ。なのでバナナにしてみよう。

そして、バナナに目と口をつけて、フィットネスぽさを強調するため力こぶをつけると、、、

なんか自分らしいのが出来たぞと自己満足。

極め付けは、調べたらバナナは果物中で年間消費量が圧倒的に1番多いことでした。

つまり、

バナナは最も多くの家庭で食べられている果物。

老若男女問わず身近で認知度が高い。

ロゴとしても覚えられやすいかなと思いました。

4.ロゴは自分の等身大!

ロゴは、僕が思うに自分自身を写す等身大であったり、店舗コンセプトやイメージを投映させる重要な役割があると考えています。

そもそも僕自身は別にイケメンでもスタイリッシュではなく、客観的にみてアットホームなイメージが自分らしいかなと思います。

あっ、悲観的になっているワケではないですからね笑。

また、当店舗のコンセプトは「フィットネスを趣味に。」です。

トレーニングやコミニュケーションなど、楽しんでいただけることを1番にサービス提供・空間作りを目指しています。

上記のことを踏まえると、バナナロゴの出来には非常に満足しています。

まして、自分が作ったので可愛くてしょうがありません笑。

5.店名の由来!

ロゴが完成したので、ロゴを元に店舗名をつけようという流れになりました。

バナナロゴなので、バナナのワードは絶対的入れたいと思いました。

そこからパーソナルジムと関連性の高いワードを色々と試しにつけたところ、「フィットネス」がしっくりきました。

これが店名バナナフィットネスの誕生です。

5.BANANAの戦略

バナナロゴをみて、

「なんでバナナ笑!?」

「だせー笑」

というリアクションを友人やトレーナー仲間から貰いました笑。

これは超嬉しい。

「してやったり」です。

リアクションを貰えるということは、

「伊藤のジムはバナナ」

と認知される可能性が高いですからね。

これが横文字のカッコいい作りだったら、上記のような面白い感じのやり取りはまず起こらないでしょう。

また、戦略としては店の前を通りかかった人が

「あのバナナは何の店だ笑?」

「横浜反町にバナナのパーソナルジムができたぞ」

というような形で認識されて話題になることも狙っています。

BANANA FITNESSは、皆さまにいじられたいのです笑。

皆様にイジられながら、たまに可愛いがられて成長できたらと思っております。

長々と書きましたが、ロゴ&店名の由来とBANANA戦略はこんな感じです。

ぜひ、気軽にお越しください^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です